Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

出産費用を公開します

   

記憶が鮮明なうちに出産体験談をアップしようと思ったのですが、さすがに産後2週が経過したとはいえまだ本調子ではないので、一番まとめるのが楽そうだったお会計の話題からアップいたします。

出産費用の明細

出産入院費用のお会計明細書

まず、医療費の合計は保険適用分と自費負担分を合わせて57万6024円です。そこに産院独自の料金割引が2万円ついて、最終的なお会計は55万6024円となっています。

出産育児一時金の受取代理制度により、一時金の42万円分は後日健康保険から病院に直接支払われるので、自己負担は42万円を引いた13万6024円でした。

前回出産時との比較

1人目の時はこちらの記事で記載していますが、52万1750円でした。なので今回は(産院からの割引2万円が適用される前の入院医療費で計算すると)5万円ほど割高になりました。

ただ、入院日数が今回の方が2日長かったことや、赤ちゃんに黄疸が出て丸2日間光線療法を受けたこと、あと、出産日前に大量のおりものが出たのを破水と勘違いし、緊急で受診した時の料金も今回のお会計に含まれているので、妥当な金額かと思います。

それに、前回の出産からすでに5年の歳月が流れており、多少物価も上がっているので、多分全体的に料金も値上がりしているんだと思います。

以前の記事で、某口コミサイトにおけるこちらの産院の平均出産費用は「40万~50万円」と記載があったので、前回より安くなるだろうと書いたのですが、よく見ると口コミが少々古かった(最新のもので数年前)ので、まあ仕方ないですね(;^ω^)

余談~思っていたより入院日数が長かった

前回より入院日数が長かったといっても、私や赤ちゃんの体調に特別な問題があって長引いたというわけではありません。

前回の産院は経膣分娩なら5日間、帝王切開なら10日間入院でしたので、その時と同じ入院日数だと勝手に思い込んでいたのでまったく確認していなかったのですが、今回の産院は経膣分娩なら1週間、帝王切開の場合は2週間入院が原則でした。恥ずかしながら産院によって違うことにまったく考えが至りませんでした(^_^;)

うちは結局主人が産後1か月ほど育休を取ってくれたので問題はなかったのですが、万一退院の時にご家族の予定が合わないと大変なので、皆さんは事前にきちんと確認してくださいね( ゚ω^ )b

以上、出産費用をご報告いたしました。ご参考になれば幸いです。
ちなみに、私が出産した県は上の子の時と今回とで異なるのですが、いずれも平均出産費用が高めな地域での出産でした。

 - 出産時&産後のこと, 妊娠&出産