Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

妊娠中の体重増加の目安と、体重管理について

   

昨日妊娠34週目の健診を終えたばかりですが、その時のエコー画像&費用の公開の前に、妊娠中の体重についてのお話です。

妊娠中の体重増加の目安

妊娠前から、あるいは妊娠を機に太りすぎてしまった場合、妊娠中の高血圧や糖尿病、分娩時の異常などが発生しやすくなります。一方、体重が少なすぎる場合は、貧血や早産、低体重児の出産などが起こりやすく、どちらにしても様々な弊害が生じます。

特に何もしなくても、胎児の体重分(約3キロほど)妊婦の体重が増加するのは納得いくかと思いますが、そのほかにも羊水や胎盤の重さ(各約0.5キロ)、妊娠に伴い増加する乳房や子宮、血液などの重さ(約4キロ)もプラスされ、最低でも約8キロは自然と増加するのだそうです。
(出典:ユニ・チャーム/ムーニー公式サイト*初めての体の変化

参考に、母子手帳を発行してもらう際に一緒に交付される副読本より、推奨体重増加量の表を抜粋します。

妊娠中の推奨体重表

大抵の妊婦さんが該当するであろう普通体型の場合、増加量は7~12キロが目安となります。
先ほど自然に増えると述べた8キロよりも下限の増加量が少ないですが、これは、普通体型の範囲内でも「肥満」とのボーダーに近い人の目安です。

「肥満」に該当する人は、余計な脂肪はむしろ減らしたほうが…ということでプラス5キロぐらいでOKで、同様に「肥満」とのボーダーに近い人だと目安の増加量より少し控え目に、という設定なのだと思います。(※あくまで、胎児や子宮の大きさ・羊水量等が正常であれば、ということです。きちんと健診を受けてお医者さんの指示に従いましょう。)

私は身長158センチ、妊娠前の体重が44キロ。BMI値を計算すると17.6で「低体重」に分類されるため、もう少し多めに9~12キロくらいの増加、ということになります。

参考~私の体重変遷

第一子妊娠時の体重記録

まず、第一子妊娠時の記録です。この時は今より体重が少なく、元の体重が42キロ程度で、BMIも16とかでした。

最終的な体重増加は10キロ程度で問題はなかったのですが、途中1か月(8~9月の健診の間)で約2キロ太ってしまい、「このままのペースで増えるとまずいですよ」と、先生に軽く注意されてしまいました(;´Д`)

第2子妊娠時の体重記録

こちらが現在の体重記録。画像では32週までの体重が記録されていますが、すでに34週の健診を受け、現在52.1キロ。今回は急激な増加もなく、先生から何も指摘を受けていません。

現在の状態で妊娠前より約8キロ増加していて、おそらく出産までにもう2~3キロプラスになるかなぁと見込んでいます。

妊娠中の体重管理

私の場合ですが…残念ながら特別なことは何もしていません(^_^;)

私の身には、妊娠により特に食欲が増進するといった変化が起こらなかったため、妊娠前と同じように普通に3食食べて、ちょっと小腹がすいたら間食という生活をしているので、普段通り仕事と家事で動いているだけでも問題がないようです。

ただ、もともと食事量が多くて太り気味、あるいは、それを補うだけの運動量で体型をキープしていた人の場合、妊娠により運動が制限されるので、急激に太ってしまう可能性があります。

妊娠中は普段と同じように動けませんし、どんな影響があるかわからないダイエット補助食品の摂取も避けたいところですから、体重管理でお困りの場合は自己判断せず、素直に病院で医師や助産師などに助言を仰ぐのが一番です。体に差しさわりのない運動法や、適切な食事を教えてくれると思います。

(参考:ユニ・チャーム/ムーニー公式サイト*妊娠中に適度な体重を保つには?

食事に関しては、前述した母子手帳の副読本などにも多少記載があります。おそらく妊娠の届け出をしたら全員もらえるはずなので、参考にしてはいかがでしょうか。

 - 妊娠中のこと