Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

調剤薬局事務の仕事、実際のところどうなの?

      2017/01/30

何で唐突にこんな話題かというと、私が調剤薬局で事務員をやっているからです。
お給料がお安いため、転職をしたいなぁと考えることがあり…その際いろいろネットで調べていて目につくのが、医療事務や調剤事務のメリットみたいなのをまとめたブログサイトみたいなものです。

それを見ていると、「え~全然実態と違うよ。絶対これ作った人実際に働いたことないよねぇ」という記事がいっぱい。まあ、先日話題になった医療キュレーションサイトの記事のように、専門家でないライターさんが大した取材もせず適当に書いたものなんだろうなということはわかっていても、こういうのに騙される人もいるんだろうなぁと思うと書かずにいられなくなりました。

こういう業界や資格に興味を持っている人たちが知りたいであろう「現場の実際」をまとめてみました。

お給料面について

まず、強調しておきますがお給料は安いです。一般事務員と同レベルか、むしろそれよりも安いくらいです。

「一般事務」といっても、業種によって、事務作業をするにあたり必要な業界知識的なものはどんな会社でもあると思います。調剤薬局の計算のルールも、それと同じような感覚のものなので、わざわざ通信教育などで覚えるような大それたものではありません。

今は大多数の医療機関がレセコン(レセプトコンピューター)を導入しているはずですから、そこに間違えず入力できる能力の方が大事です。むしろPCが扱えなければ調剤薬局事務の資格を持っていても不採用になるでしょう。

ちなみに私のお給料は、パートなので時給ですが…700円台です。
先日の最低賃金の値上げに合わせて時給も20円上がりました。値上げしないと最低賃金以下になってしまうからです。(´・ω・`)私の勤務先はチェーン店なのでほぼ全国に店舗があり、物価が高い地域は時給も上乗せがありますが、やはり当地の最低賃金レベルのはずです。

正社員さんの基本給は14万円程度で、そこから社会保険料などが控除されるので手取りはもっと減ります。交通費は全額出ますが、それ以外の手当は特にないとのこと。(物価の高い地域の店舗勤務者には、「地域手当」が支給されて調整されるようです。)とても一人暮らしはできないと、同僚の社員さんがぼやいておりました(;´∀`)事実、周囲にいる事務の社員さんは独身の実家暮らしか既婚者ばかりです。

ちなみに、どちらかというと規模の大きい会社の方がお給料は低めの傾向があるようです。(以前の同僚の薬剤師さん談。薬剤師の給料に関しても同様だそう)

どんな人が採用されやすいか

うちの会社は経験や資格の有無は全く問わずに採用していて、求人票にも明記されています。私も未経験入社です。

調剤薬局事務は、「事務」と名がついていますが、患者さんとお話をする機会がとても多いです。そのためか、うちの会社は採用時に接客経験を重視しているようです。次にパソコンを扱えるかどうか。キータッチが普通にできて、さらにエクセル、ワードなどが多少は使えると嬉しいな、レベルのスキルでOK。あとは勤務条件が折り合うかというところでしょう。

他の会社で事務員をしている人にも聞きましたが、やはりそこも資格や経験は問わないようでした。ただし、人員的に余裕のない規模の小さな薬局では即戦力になる経験者が求められるでしょう。

資格の有無は採用に影響するか

ハローワークなどの求人票を見ている限り、医療事務の方は「資格を持っている方」という条件の求人も、少ないですが何件か見たことがありますが、調剤薬局事務に関しては見た記憶がありません。私見ですが、資格の有無はほとんど選考の際考慮されないんじゃないかと思います。

あくまでうちの会社の場合ですが、中途採用の場合本社の事務方の人ではなく、地域のエリアマネージャー的な人が面接して採用を決めます。このマネージャー的な立場の人はすべて薬剤師なので、「そもそも事務員の資格なんてよく知らない」とバッサリでした(;´∀`)つまり、採用時に全く重要視していないというわけです。

某資格ビジネス企業のコマーシャルで、「資格持ってます!結婚しても子供ができても転勤しても働けます!」的なアピールをしていますが、やっぱり小さい子供のいる人は採用に至らないことが多いです。

薬局の閉店時間は午後6時から7時に設定されているところが一般的ですが、うちの娘を預けている保育園は6時過ぎの利用は延長料金が別途かかり、最大でも7時までしか預けられません。たいていの認可保育園はそんな感じなので、フルタイムで働くと保育園のお迎えが間に合わないのです。うちの会社でも、勤務時間の条件が合わずにお断りするというパターンを、先のエリアマネージャーさんからよく伺います。(時短勤務制度はありますが、ある程度継続して働いている人しか使えません。)

これから調剤薬局事務の資格を取ろうとする人には、子育て中など、採用面での不利を払しょくするため資格を取って箔をつけたいという思惑があるのではないかと思います。が、はっきり言って、この資格は採用面の不利を覆す要素には全くなりません

長くなっちゃったので続きはまた次回に…

 

 - その他, よろず