Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

七五三のお参りに行ってきました♪

   

先週土曜日に娘の七五三のお参りに行ってきました。

私は今住んでいる地域の近所の神社にお参りに行くつもりだったのですが、主人の方がこだわりがあり、私と主人の実家近くの神社にわざわざ帰省して行くことに…運転するのは主人だからまあいいですけど…わざわざ帰らなくてもいいじゃないと正直思ってました(;´Д`)

今回はとりあえずお参りだけで、記念撮影は写真館が暇な時期にでも。ということでちょっと大人しめのデザインのワンピースを着せてお参りに臨みました。

11月19日は土曜日で大安とお日柄が良かったので、七五三のご祈祷も多いかと思っていたのですがそんなでもなく、うちの娘が行った時間帯はうちを含めて3組だけ。

ただ、結婚式が3件入っていたそうで神主さんや巫女さんは忙しそうでした。残念ながら天気はあいにくの雨でしたが、お嫁さんを見ることができました。お幸せに(´∀`*)

娘が行った神社は特に予約は必要ありませんでした。ご祈祷は神社の開いている時間内に30分に一回ペースで毎日行われているので、都合の良い日時に行って受付すればOK。七五三もお宮参りも厄除けも全部一緒にご祈祷です。

img_20161119_110820313

↑今回は特に盛装する予定はなかったけど、母が私と妹の七五三の時にきた着物を引っ張り出してきて、着せてくれました。

ところで、七五三のお祝いは数え年でやるのか満年齢でやるのか迷っていろいろ調べたのですが、結局のところわかりませんでした。ですが、だいたい満三才前後の月齢で親の都合に合わせてお祝いをするのが一般的なようですね。うちの娘はもうすぐ満4歳になるのですが、とりあえずは現時点では3歳なのでぎりぎりセーフかな(^_^;)。気持ちの問題だと思うので、あんまりこだわらなくてもいいのかなと思います。

七五三のご祈祷は、たいていの神社では10~11月の間くらいに受付しているようです。
ご祈祷後は、お守りと千歳あめ、それと「あまのいわと」という絵本をいただきました。天照大神が弟のスサノオノミコトのいたずらに怒って、姿を隠してしまい世の中が真っ暗に…という神話のお話ですね。

私が七五三をしたときも「いなばのしろうさぎ」と、「くにうみ」の神話の絵本をいただきましたが、「くにうみ」の方がいまだにちょっとトラウマになってるんですよね。イザナミ様がすごい形相でイザナギ様を追いかけてくるイラストが子供心にとても怖かったんですよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 - 育児ネタ, 育児&日常生活