Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

不正出血からの、クロミッド服用再開。

   

さて、久しぶりに2人目妊活に関する(?)話題。
私も先月ついに35歳を迎え、かつて某シンガーが「羊水が腐る」とおっしゃった年齢になりました:(;゙゚’ω゚’):

まあこの件については言葉のチョイスが悪すぎたとはいえ、35歳過ぎると妊娠率が一気に下がるのはデータの上で事実だそうですから、高年齢での妊活は、覚悟を決めて半分あきらめながらやるくらいでちょうどいいのかもしれません。あまり気を張りすぎるとストレスは妊娠の大敵ですし、嫌な言い方ですが万が一ダメだった場合の辛さがハンパないですからね。

まあこれも、すでに1人子供がいるからそう思えるのかもしれません。仮に自分に今現在子供がいなくて、妊活で思うように結果が出なかったら…と考えるとそんな達観した気持ちにはなれないかも(^_^;)

不正出血が2回あり、再び婦人科へGO

さて本題、先日ビタミンEのおかげで生理周期が整ってきたかも(∩´∀`)∩ワーイと言っていたら、まさかの不正出血が続き久々に産婦人科へ。

9月25日ごろ生理が終わった後、なぜか10月5日に出血。ほとんど生理と変わらない量と日数の出血があり、5日程度で収束しました。この時点では、次の本当の生理が来るまで様子見ということにしましたが、10月24日にまた出血。基礎体温はこの間ずっと低温のままなので生理の出血ではない。でも、生理みたいに血の量は多い…と、いうわけで翌日産婦人科へ。

内診をしたところ、「う~ん、なんかよくわからない出血だねぇ。もしかして妊娠してなかった?」と先生に言われました(;^ω^)でも、基礎体温はしっかりつけているし、9月の生理の時は高温期が14日ほど続いたあと、生理開始とともにきっちり体温が下がっていたので、妊娠していた可能性はないはず。そのあとはず~っと診察日まで低温続きでしたし。

なのでその旨伝えると、「そうだよねぇ。まあストレスか何かで一時的にバランスが崩れちゃったんだろうね」とのこと。とりあえずリセットさせるためにプラノバールを処方されてその日は終了となりました。

そんでもって生理が来たのでまた病院へ。生理開始5日後からまたクロミッドを飲み、周期を整えなおすこととなりました。

う~ん、いったいなんなんだろう?35歳に近づくにつれ、婦人科系のことでなくても体調を崩すことが多くなって、老化をひしひしと感じたここ最近の出来事でした(´・ω・`)

 - その他(妊活関連など), 妊娠&出産