Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

ままごと屋台に20年(?)ぶりの再会♪今年も出店していました~

   

昨年の今頃に書いた記事「縁日露店のままごとグッズ」でご紹介した、ままごと道具専門の屋台ママゴトセンターなのですが…

昨年こちらのブログさんの情報で、おそらく最後というお話だったのですが、まだ確定というわけではなかったので…今年わたくしわざわざお休みを取って、一縷の望みをかけて行ってみました。地方から新幹線に乗って…あほですねヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

そしたらなんと…今年も出店してくれていましたよヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

ままごとセンター屋台

お店の方の許可を得て撮影させていただきましたが、他のお客さんもいたので、時間をかけて並んでいるお品の接写まではできず…ささっと外観だけ撮影いたしました。あんまり参考にならずごめんなさい<(_ _)>

上にご紹介したブログ主さんのお写真は2014年のお祭りのものなのですが、やはりその時と比べると陳列のボリュームは少なくなっていますし、品数も確実に減っています。在庫限りの営業なので当たり前なのですが…

私の前にお会計を済ませたお客さんがお店のお姉さんに「今年も出店しているんですね」と聞くと、「酉の市だけはね」とおっしゃってました。23日の二の酉の日も出店する予定だそうです。ちょうど祝日なのでチャンスですよ!興味があればぜひ行ってみてください。

一応、一の酉の時と少し違う商品を持ってくる予定とお姉さんは言っていました。「ただ、似たようなものにはなっちゃうんだけどねぇ」と苦笑していましたが、在庫が限られているから仕方がないところです。

ちなみに、屋台の営業は昼の12時からです。私は地方からということで少々早く行ってしまったのですが、まだお店が開いていなかったのでマックでお昼を食べて時間をつぶしました。12時になってから屋根を上げて品出しを始めるといった感じだったので、私が行ったときにはまだ品出し途中。(すでに2人先客がいましたが)1時過ぎに行った方が全部そろった状態を見られるかも。

露店がたくさん出ているので迷ってしまいそうですが、練馬風月堂練馬店というお店が露店の並ぶ路地の入り口にあり、その入り口付近に出店しています。風月堂さんのほぼお隣でやっていると思えばいいかと。最寄駅は西武線と都営大江戸線の練馬駅で、歩いてすぐです。ちなみに、「練馬風月堂」だけだと別の場所になります。練馬店をくっつけて調べましょう。

私が情報源にしたブログでも、ランドマークにしているお店が違ってしましたが、どうやら同じ場所を指しているようだったので、多分毎回同じところなんだと思います。

さて、ここから先はちょっと歩いた感想を…

練馬酉の市露の店

露店は本当にたくさんありました。とはいえ、ほとんどが地方のお祭りでも見れるおなじみの屋台ではありますが。
まだ準備中の11時台にざっと歩いたとき、場所で若干もめている様子が見られたり(といっても一方がもう一方を一方的に詰っているような感じ)、露店の方々に鋭い目を光らせるいかにも893といった(ほんとに映画に出てくるみたいな人でした^_^;)風体の方がいらっしゃって若干怖かったですねぇ。

もちろんお参りもしてきました。お祭りの主催は練馬大鳥神社というところです。神社自体は町中だけあって、意外にこじんまりとしていましたが、雰囲気のある神社です。

練馬大鳥神社境内

比較的早い時間ですがすでにかなりにぎわっています。

練馬酉の市・熊手のお店

神社の敷地内にも、熊手やダルマなどの縁起物を売るお店がいくつか出ていました。かなり大きな熊手にはすでに売約済みの札が…いくらするんだろうなぁ。

ままごと露店を探すため、路地をしばらく歩きましたけれど、よくモヤさまで行くような町中のおもちゃ屋さんを見つけてちょっとほっこり。こういう町中のお店って、地方にはもうほぼ残っていません。車社会の田舎では、郊外の大型ショッピングモールにお客さんを取られてやっていけないんですよね(´Д⊂ヽだから、こういう活気のある商店街を見るとなんかうれしく感じちゃいます。地方の「なんとか銀座通り(;^ω^)」はみんなゴーストタウン化しているから…

長くなったので、ままごと屋台の戦利品は後日アップいたします<(_ _)>

 - 趣味のレトログッズ