Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

奨学金完済しました♪

   

以前の記事で、奨学金がもうすぐ返済し終わるという話題を出したのですが、先月予定通り完済し、本日その通知がきました♪
(以前の記事は→こちら

奨学金の完済通知書

私が借りたころは、無利子の奨学金は国公立自宅通学・国公立自宅外通学・私立自宅通学・私立自宅外通学という4パターンで月額が決まっていました。当然国公立の自宅通学者が一番安く、私立自宅外通学が一番高額です。

私は国公立自宅外通学で、支給額は月額4万5千円くらいだった記憶があります。
前の記事にも書きましたが、私は2年生の途中で奨学金を辞退しているので、返還金額も控え目な方ですが、それでも転職で一時期無職だったときは月額1万円に満たない返済でもけっこう負担になりました(;^ω^)

12年にわたっておつきあいした奨学金ともやっとお別れです。これでまったく借金のないきれいな体になりました(´∀`*)ウフフ
完済完了書もついてきましたよ↓

奨学金完済証明書

余談ですが、私の職場は調剤薬局なので、周りには薬剤師さんがたくさんいます。
先日他店所属の薬剤師さんが、休みのスタッフに代わり応援で来てくれたのですが、その方は学生時代奨学金を二つ借りていたそうで、現在給料からかなりの額を返済しているらしいです。金額まではさすがに聞きませんでしたが…(;^ω^)

お若い薬剤師さんなので、6年制になってからの新卒さんです。4年制のころより単純計算で1.5倍の学費がかかりますから、特に私立の場合はかなりの負担です。私立だと6年間で1000万円超の学費がかると聞きますので(学校によりますが)、一般家庭では中々ねん出が難しい金額でしょうね。奨学金二つもやむを得ないところです。

親としては国公立に行ってほしいところですけど、国公立の医・薬学部の偏差値の高さは尋常じゃありません。一説によれば、国立の薬学部に行ける=東大に入れるってくらいのレベルの高さだと伺っています。

娘が将来医・薬学部に行きたいって言いだしたらどうしよう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル…親もびっくりするくらい賢かったらいいけど、そうじゃないごく普通の偏差値だったらやっぱり私立ですものねぇ。奨学金の負担はさせたくないけど、もし進路希望がここだったら奨学金に頼るしかないですね。

 - 家計・節約関連, 家計&節約