Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

高額謝礼のアンケート/座談会・インタビュー調査に参加した体験談

      2016/09/25

以前に公開した記事で、人気のプチ副業としてご紹介した「アンケートモニター」でのお小遣い稼ぎですが、中でも特に高額な謝礼がもらえるものとして、「座談会(グループインタビュー)調査」や、「単独インタビュー調査」を取り上げました。私の体験談をそのうちご紹介すると書いた気がするので、お約束通りアップいたします。

元々当サイトの前身であった、「ネットでちょこっとおこづかい稼ぎ」というサイトで公開していたものを一部編集して載せています。体験談が10年近く前のお話ですので、今は細かい部分が多少変わっているかもしれません。ご了承ください。

本番の座談会調査の様子を掲載する前に、まず、そこにたどり着くまでの流れをご紹介していきます。

調査の流れ1~ウェブアンケートに回答する

高額謝礼の調査に参加するためには、まず通常通りウェブでのアンケート(参加者募集のためのアンケートは事前調査・プレ調査などと呼ばれます)に回答し、調査対象になるかどうか選別されます。モニターサイトからくるアンケート通知メルマガの文面や、アンケートの回答を始める前に表示される画面には以下のような内容が記載してあります。

  • 調査内容(例:住宅に関する座談会調査参加者募集のご案内 など)
  • 日程
  • 謝礼の金額
  • 会場の大まかな場所(例:東京都港区 など)
  • 参加条件(例:20歳以上の社会人、既婚女性、車を持っている など)

事前調査に回答するだけではポイントは付きませんので、内容を見た時点で、日程に都合がつかなかったり、調査対象から外れているとわかれば回答する必要はありません。

事前調査アンケートの内容

jizentyousa1
実際のアンケートの画面を見せてしまうのは、モニターの守秘義務違反になってしまうので、実際のアンケートをもとに管理人が作った架空の調査内容「車に関するアンケート」を見本としてお見せいたします。

まずはじめに年齢や性別、居住地などの基本情報や、アンケートのテーマ事項に関わる質問があります。この時点で調査対象外になった場合は先に進めず、ここでアンケートが終了します。

jizentyousa2
日程は事前に知らされていても、時間帯はこの段階で初めて確認できることが多いです。案件によりますが、土日も含めて何日間か行われ、時間帯も様々に設定されています。どうしても時間の都合がつかなければ「参加できない」を選びましょう。「参加できる」と回答し、モニターに選ばれた後にキャンセルをしてしまうと、最悪もう2度とアンケートの依頼が来ないことも考えられます。確実に参加できる日程・時間帯を選び、無理にたくさんチェックをしないようにしましょう。

zizentyousa3
日程・時間帯条件をクリアしたら、最後に個人情報を入力して終了になります。個人情報はアンケート以外の目的に使われることや、外部に漏れることはありませんので安心してください。

調査の流れ2~担当者からの電話に対応

さて、事前調査に答えたからといって、それで参加が決まるわけではありません。参加を希望する人はとても多いので、よほどニッチな調査でない限りは必ず抽選になります。抽選とはいっても、モニターに偏りが出ないように配慮して選抜されますので、地道に事前調査に答えていればいずれ必ず当たりますよ( ^ω^ )

抽選の結果見事モニターに選ばれると、市場調査会社の担当者の方から電話があります。

電話の内容は「事前アンケートで回答した内容に間違いはないか」、「その日程で確実に参加できるかどうか」などの確認です。確認後、会場の正確な住所や当日の緊急連絡先を伝達してくれます。
電話に出れなかった場合は留守電を入れてくれます。案件によりますが、数日連絡が取れないとせっかくの参加の権利が他の方に移ってしまいます。気が付いた時点でこちらから電話を入れた方が確実です。

調査日当日になって「モニターが来ない(゚д゚)!」となっては市場調査会社の信用にかかわりますので、事前の確認も厳重ですがしかたありません。

ここまで完了したらあとは指定された日付・時間を厳守して会場に出向くのみです♪

調査の流れ3~当日何かトラブルがあったら?

とにかく、速やかに当日連絡先に連絡し、指示をもらいましょう。

わたしも一度だけ、当日ちゃんと地図もプリントして持っていったのに、場所がわからなくて時間に遅れそうになり、あわてて当日連絡先に電話したことがありました。

数分程度の遅刻だったので、係の方も快く「お待ちしています」と言ってくれて事なきを得ました。今ならスマホで簡単に地図も見れるし、道案内もしてくれるのでこういうことはないでしょうけど、なにせ10年前の話ですので(;^ω^)

さて、もし当日になって急用が入り行けなくなった場合どうすればよいでしょうか。
実は、調査会社もそういった事態を想定し、モニターの欠員を防ぐため「補欠」要員を事前に確保しています。正式参加者にトラブルが起きたら、補欠の方が参加するので心配はいらないのですが…急な不幸などやむを得ない理由があったとしても、一度キャンセル(当日でなくても、モニターとして参加が確定してからのキャンセル)してしまうとどうしても信頼は損なわれます。それ以降、そのサイトからアンケートの案内がくることはしばらく「ない」かもしれません。

何よりも調査に参加することを優先する必要はありませんが、やむを得ない事情の場合以外は原則約束した通りに参加するのが望ましいです。

ちなみに、補欠モニターは抽選に外れた方の中から選ばれます。事前に補欠として選ばれた旨の連絡があるので、当日はいつでも参加できるよう準備はしておく必要があります。予定を入れてはダメですよ(;´Д`)
補欠に選ばれただけでは謝礼は発生せず、当日参加した場合のみ謝礼を獲得できます。管理人が参加した座談会の中で、一度だけ「当日朝に連絡をもらって急きょ参加することになりました」と自己紹介をしていた参加者がいたことを覚えています( ^ω^ )

 - ネット副業ネタ, 家計・節約関連