Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

キネティックサンド(の類似商品)を購入、遊んでみました♪

      2016/09/25

昨日娘にクリスマスプレゼントを買いにトイザらスへ。
普段よく行く店舗なのですが、あんなに人がいるのを初めてみました(゜ロ゜)いつもわりと閑散としているので、そのうちなくなってしまうのではないかと心配していたくらいだったのに…クリスマス恐るべし(^^;

そこで買ったのがこちら…

suna・suna(スナ・スナ)アナと雪の女王セット

室内で遊べる砂として数年前に話題になった「キネティックサンド」。粘土のように固まるのですが、触ってみるとちゃんと砂のようにパラパラしている…という何とも不思議な感触です。普通の砂に少し水を含ませた時のような状態ですが、これなら手が汚れず、さらに散らばらず室内でも安心して遊べるというものです。

「キネティックサンド」はスウェーデン発祥で、日本では「ラングスジャパン」という会社が販売しています。特許を取得しているため、同じ商品名&同じ配合の成分を使って他メーカーが販売することはできません。今回購入したのは国内メーカーバンダイの製品「suna・suna(スナ・スナ)」という類似商品ですが、面倒なので以後「キネティックサンド」と記載していきますのでご了承くださいm(__)m

先月買い物に行った際、スポーツショップの店頭になぜか「キネティックサンド」が展示してあり、お試し用の見本商品が置いてあったのですが、娘が夢中で遊んでいたので「クリスマスプレゼントはこれにしよう♪」と決めていました♪

展示してあったのは本物の「キネティックサンド」ですが、行った店舗には置いてなかったようなのでこれにしてみました。
さすがのバンダイさんということで、アナ雪以外にも、妖怪ウォッチやトーマスなど有名キャラの型をセットにしています。アナ雪のものは他より1000円ほど高かったのですが、よく見ると砂の量が2倍入っていたので仕方ないですね。

実際に遊んでみた感想

固まるとはいっても粘土ほどしっかりはしていないので、型に入れるときは結構ギュッと詰め込まないと崩れやすくなります。コツをつかむまでは下の画像のように出来が悪かったですが、この後どんどん上達しました。

P1030314

ただ、主人曰く「本物のキネティックサンドの方がまとまりがよかった気がする」とのこと。私はあまり差を感じなかったのですが、アマゾンの口コミでも同様の内容で低評価をつけている人がいたので、ちょっと注意が必要かもしれません。

キネティックサンドのデメリット

普通の砂のようには散らばらないとは言うものの、やはり遊んでいるうちに少しずつぽろぽろとこぼれるので、遊び終わった後は結構じゃりじゃりになります。プレイマットはついていますが、それだけでは足りずごみ袋を切り開いて広範囲に敷いて遊ぶようにしていました。それでも、遊び終わった後は掃除機かコロコロ必須です^^;
本物の砂場のように枠で囲った中に入れて遊べば少しは違うと思います(専用のものが売っています)が、子供におとなしく枠内だけで遊べというのは無理というもの。多少の汚れは覚悟する必要があります。

わたしは歳のせいか手の皮脂が少なくて、あまり感じませんでしたが手にもそれなりに付きます。
テレビなどでやっているイメージで「手につかない!汚れない!」と思って使うと少々がっかりするかもしれませんね。

それでも、買ってよかったと思います

デメリットはありますが、とにかく子供は大喜びで遊んでくれますので、遊び道具としては本当にいいものだと思います♪大人もなかなか楽しめますし、独特の感触は結構くせになります。

 - 日常生活, 育児&日常生活