Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

出産前にそろえておきたいベビー用品/衣類・布製品編

      2016/09/25

大型製品に引き続き、今度は衣類や布製品について解説します。

私が用意したベビー用衣類・布製品

  • ベビー用肌着
  • コンビドレス
  • ベビー用くつした
  • ベビー布団セット
  • ガーゼ

短肌着&コンビ肌着

入手経路:バースデイ(しまむら系列の赤ちゃん用品店)
状態:新品
価格:短肌着3枚&コンビ肌着2枚のセットで1800円程度×3セット
必要度:★★★★★

肌着は産院から退院するときに着せますので事前準備が必須です。さすがに肌着は他人のおさがりを使えないですしね(;^ω^)

短肌着&コンビ肌着セット

管理人のおすすめは、上の画像のような短肌着&コンビ肌着のセットです。
まだ首も腰も据わっていませんから、寝たままでも着せやすいように前開きになっているのが新生児用肌着の特徴です。

短肌着は上半身のみ覆う赤ちゃん版のシャツのようなもので、コンビ肌着は足まで覆う長さで、さらに足部分にスナップがついていて、スナップをとめるとズボンのように左右分かれて動きやすいようになっています。
長肌着というのもあるのですが、これは単に丈が長いだけなので、足にまとわりついて結構動きにくいんです(;´∀`)

コンビドレス

入手経路:バースデイ
状態:新品
価格:1着1000円程度×3セット
必要度:★★★★★

これも産院から帰るときに必要です。
新生児期は筒状にスナップをとめて赤ちゃんの足まで覆うドレスとして、背が伸びて足が出るようになったらスナップのとめ方を変えて、ズボン状になるベビー服です。月齢に応じて形態を変えられてサイズが許す限り長く使えるので、経験者としてはこのタイプのベビー服が一番おすすめです。

我が家の場合、新生児期がちょうど一番寒い時期だったのもあり極力外出はしなかったので、とりあえず3着だけ用意しました。あとからいくらでも買い足せますし、おじいちゃんおばあちゃんが買ってきたり、おさがりをもらうことも多いので、そういう当てがあるのならたくさん準備しなくてもいいのかなと思います。

ベビー用くつした

入手経路:西松屋
状態:新品
価格:3足組で5~600円くらい
必要度:★★★☆☆(冬生まれは必須・夏生まれなら不要)

赤ちゃんは体温調節が未熟で体内に熱がこもりやすく、外に出ている手や足から熱を逃がすため、くつしたは不要と一般的に言われています。冬場でも空調のきいた室内にいるときは裸足で大丈夫です。

うちの娘は真冬生まれなので、退院時や1か月検診で外出するときのために必要でしたが、そのほかは極力外出しなかったので、2~3足で十分でした。夏に生まれる予定ならなくてもOKです。

ベビー布団

入手経路:バースデイ
状態:新品
価格:オールセットで7~8000円程度
必要度:★★★☆☆

ベビーベッドを使わず添い寝をするなら必要ないですし、ベビーベッド同様布団のレンタルも可能なので、必ずしも購入する必要はありません。
我が家の場合は事前に用意したものの、結局1か月もしないうちに添い寝になったので使わなくなりましたが…その後保育園の昼寝用に使い、今は夜寝るときに使っていますので無駄にはなっていません。

我が家のベビー布団セットは、二つ折りマットレス1枚・布団2枚(夏用と冬用)・ベッドマット2枚・シーツ2枚・布団カバー2枚・枕2種のセットで上記の価格と、結構お得なセットでした。オーガニックコットン仕様のとても高価なものもあり、価格はピンキリです。この辺はお好みで…

ガーゼ

入手経路:西松屋
状態:新品
価格:20枚組くらいで5~600円程度
必要度:★★★★★

口の周りを拭いてあげたり、お風呂に入ったときに体を拭いてあげたりなど、多岐にわたって大活躍します。こちらもオーガニックコットン製の高価なものもあるのですが…消耗品なのでそんなにこだわらなくてもいいのかなぁと個人的には思います。たくさん使うので10~20枚くらい用意しておくといいでしょう。

 - 出産準備, 妊娠&出産