Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

超ずぼら主婦の節約術(食費・被服費編)

      2017/03/23

今回は、主婦らしく我が家の実行している節約術をご紹介。

まず家計の管理について、私は食費・光熱費などの項目ごとに予算分けなどは一切しておりません。
収入>支出という1点のみ守れれば、何にどう使おうが別にいい、というスタンスです。
ただし、一応家計簿はつけています。お金の管理を任される代わりに主人にも家計を開示するように決めていますので、そのためというのが主目的で、特にそれを見て「来月はここを削るぞ!」とか、反省することもありません(`・∀・´)エッヘン!!

とはいえ、私のようなずぼらであっても、日常生活の中で気をつけていることはいくつかありますので、それをご紹介。

食費・日用品の節約

生鮮食品は確実に使いきれる分だけ買う

「すぐに調理できるように下処理をして、冷凍する」という作業が苦にならない人なら、お得な大容量パックの肉を買ったほうが良いのですが…私の様なずぼら人間には非常に敷居が高い方法です。聞くだけで寒気がしますからやりません(きっぱり)。

私タイプの人にとっては、買いだめは鬼門です。結局食材を傷めてしまう結果が目に見えます。というわけなので、確実に使い切れる2~3日分くらいを買うようにしています。

ネットスーパーを使う

リアル店舗だとずら~と商品が並んでいるので、つい目に入ったものが欲しくなってしまい、余計なものを買ってしまいがちです。子供を連れて行くとなおさらですよね(^_^;)
一方ネットスーパーの場合、目的の商品をピンポイントで探せるので、他の商品がほとんど目に入らず、衝動買いがだいぶ減らせます。ただし、一定金額以上を購入しないと送料がかかってしまうので、この点は気をつけましょう。

職場には弁当持参

一応ほぼ毎日、私と主人の分を作っています。
当然ずぼらな私のことですから、自分で調理するのはせいぜい卵焼き程度。あとは夕ご飯の残りか、冷凍食品の惣菜を詰め込んで、プチトマトを入れて出来上がりです(^_^;)

冷凍食品は、私の生活圏だとイオンが常に安いので、ネットスーパーでまとめて注文しています。冷凍食品の場合は賞味期限をあまり気にしなくても大丈夫なので、我が家でも買いだめをします。どこのスーパーでも、決まった曜日に冷凍食品が安くなる、という特売をやっているようなので、そういう時を狙うとかなり安く上がります。

中身がごはん以外全部冷食だったとしても、コンビニで買ったり外食した時の一食分のコストを考えれば、相当に安上がりです。

被服費の節約

基本リサイクルショップかオークション

私は新品にこだわりがないため、基本的にはリサイクルショップやオークション、フリマアプリで入手しています。娘も同様です。主人は新品派なので、そこは無理強いしません。
買うのは、高級・カジュアルに問わず、一応は名の知れたブランドのお品が多いです。いらなくなったときに再販売することを考え、買い手がつきやすくするためです。高級品でもUSEDならかなり安く入手できますからね。

子供服は質より量

小さいうちは女の子であっても、服には大して興味がありません。食べこぼしも多いですし、外で遊んで平気で汚します。親がやきもきするだけなので(^_^;)個人的には、高いものは不要だと思っています。
乳児の内はいいですが、少し成長して自己主張をするようになると、せっかく買ってあげたものでも「イヤ~。゚(゚´Д`゚)゚。」と着てくれないことが結構あります。ちなみに、うちの娘の一番のお気に入りはイオンで買った1000円以下の長袖Tシャツです。奮発してミキハウスで買った服にはあまり興味なし(;´∀`)

また、保育園に行っていると、とにかく洋服がたくさん必要になります。園で一日一度は着替えるし、汚れたときのために2~3組は予備を置いておくからです。(ただし、3歳児クラス以上になるとそれほど汚すことがないので、毎日持参する着替えと予備1組程度になります。)

リサイクルショップなどでは、1点もので必ず欲しいものの在庫があるわけではないですから、西松屋の様な安価な量販店もよく利用します。縫製もそんなに悪くないですし、個人的には結構おすすめです。

 - 家計・節約関連, 家計&節約